水陸両用アジャバ / ガンプラ・ブログ

水陸両用MSを中心にしたガンプラブログです。

水陸両用
アジャバ

【モビルスーツ解説記事⑥ キュベレイとは?】― 恥を知れ!俗物!

f:id:AJABA:20200910221820j:image

今回は、キュベレイの解説記事をします。

なんかしばらく制作記事を書いてないですね。

 

でも、安心して下さい。

ちゃんと作ってはいるのです。

 

次回からまた制作記事を書きますね。

 

 【関連記事】

ajaba.hatenablog.com

ajaba.hatenablog.com

ajaba.hatenablog.com

ajaba.hatenablog.com

ajaba.hatenablog.com

 

 

キュベレイを3つのテーマでまとめます。

 

◆目次◆

 

キュベレイとは何ぞや・・・?

 

f:id:AJABA:20200910215849j:image

 

初登場は機動戦士Zガンダム。ZZガンダムにも出てます。

 

アクシズが開発したニュータイプ専用試作MSです。

ファーストガンダムに登場したMAエルメスの後継機なんですって。

 

f:id:AJABA:20200910220023j:image

 

ちっとも似てねえな。

 

① 基本スペック・武装

バイオ・シグナル・エンハンサーなるもののお陰でファンネルが使えます。

頭にはサイコミュ送信用デバイスがあって混信・共振現象を防ぐそうです。

 

肩はシールド兼メインバーニアです。

この中に腕を隠して高速移動形態になります。

 

f:id:AJABA:20200910220639j:image

 

ゴッグと一緒のポージングってことか。

 

f:id:AJABA:20200910220351j:image

 

ほら、激似。

もしかしたらエルメスじゃなくてゴッグの後継機かもね。

 

◆基本スペック◆

高さ18.4m、本体重量57.2t。

あれ、意外と軽い・・・?

結構大きなMSなはずですが。

 

あ、そうか、ハマーン様の機体だものね。

女の子だし体重誤魔化してんのな。

 

きっと、そうだ。

 

武装

・腕部ビームガン、ビーム・サーベル

→ 袖口にある射撃武器。ビームサーベルにもなる優れもの。  

・ファンネル
キュベレイといえばこれ。10基を内蔵。

 

・・・すっきりしています。

ファンネルあれば大体なんとかなるのです。

 

② 攻めすぎたフォルムと由来

ガンダムシリーズの中でも特異なフォルムを持つキュベレイ

 

曲面を多用したデザインは女性たるハマーン様が乗るに相応しい。

それでいて顔などに禍々しさもあって・・・

危険な女って感じがして魅力的なキュベレイ

 

しかし、デザイナー永野護曰く、

当時は全然人気が無かったそうな。

オシャレなんだけどなあ。

 

ちなみにキュベレイの名前の由来は「大地母神キュベレー」だそう。

 

f:id:AJABA:20200910220854j:image

 

何やら大地の地形と動物とを司っているらしい。

だからキュベレイって狐っぽいんかな。

・・・関係ねえか。

 

ヘレニズム期の熱狂的なキュベレー信者は、去勢した男で女装をしていたらしい。

社会的も女として認められていたそうな。

 

やっぱりキュベレイは「女性」をテーマにしたMSなんですね。

 

③ 恥を知れ!俗物!

ハマーン様は高貴なのですぐ周囲に「俗物」なんて言っちゃいます。

いえ、ハマーン様が悪いのではありません。

俗物が俗物なのが悪いのです。

 

そんな彼女は享年22歳。

世間も知らぬままに死んでいったのです。

 

もう少し長生きしていれば・・・

きっと「俗物」にも寛容になっていたでしょう。

 

てか、何となくオルフェンズのカルタ・イシューに似てんだよな。

 

f:id:AJABA:20200910221039j:image

 

気のせい・・・?

 

まとめ

普通に良い機体過ぎていじるところがねえ。

いじれそうなところあっても、社会的にいじりにくい部分が多く・・・

 

パイロットに影響されてか少々気難しい機体。

それが、キュベレイなのです。

 

【関連商品】

HGUC 195 機動戦士Zガンダム キュベレイ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
 
MG 1/100 AMX-004 キュベレイ (機動戦士Zガンダム)

MG 1/100 AMX-004 キュベレイ (機動戦士Zガンダム)

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

次回、水陸両用アジャバ 26話 「Eってなんなん、Eって?」

乞う、ご期待!